2016年08月05日

ストックフォト本気で始めました!2

fotolia_117341208.jpg



2010年頃に一眼レフカメラのニコンD40を購入して写真撮影を始めたんだけど、実はその頃にちょっとだけストックフォトをやってみたんです。
その時に登録したサイトは、「PIXTA」「Fotolia」「TAGSTOCK」「photolibrary」の4社で、各社のサイトに審査に通った写真がそれぞれ20〜30枚程度掲載されました。
でも、少ししか売れずにいつしか体調もモチベーションも下がって放置状態になってしまいました。

今回その4社で、またストックフォトを再開することにしたのです。

もちろん、新しい会社も色々調べて、たくさんのブログやサイトでお勧めされていて、評判の良かった、アメリカはニューヨークに本社のある「Shutterstock」でも始めたいと思ったんだけど、ここはクリエーター登録するのにパスポートが必要なんです。
海外なんて、遥か昔に一度だけハワイに行っただけのおれにパスポートがある訳もなく、作るにしても、申請には結構な金額がかかるので、今回は断念しました。
そして、もう1社人気の高かった「iStock」(本社カナダ)でクリエイター(コントリビューター)になるべく、現在審査を受けている最中です。

今は、おれが最初に始めた数年前に比べて、ストックフォトをしている人も増えて競争も激しくなっているみたいで、売上を上げるのは大変ですが、業界や写真の事を勉強しながら、こつこつ頑張っていきます。

にほんブログ村 写真ブログ ストックフォト・写真素材へ
にほんブログ村

Fotolia
posted by あき at 15:02| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ストックフォト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストックフォト本気で始めました!

このブログは、ずっと放置で数年に一度位しか投稿せずにいました。
だから、病状についても全然書いていませんでしたが、実はずっと病院通いが続いていました。
仕事も、しばらく勤めては病状が悪化しての退職を繰り返し、全然長続きしません。本当に情けなく、tomoには迷惑のかけっぱなしです。
それでも、直近の仕事は3年以上続き、このままずっと勤められるかと思っていたのですが……。また今年の春頃に大きく体調を崩し退職を余儀なくされました。
続きを読む
posted by あき at 13:34| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

沢田聖子

確か、高校一年だったと思う。
当時よく通っていたレコード店で、何気なく手にとった一枚のアルバム。白い大きめのシャツに包まれた、意志の強そうな女性が写っているモノクロ写真のアルバムジャケット。「青春の光と影 沢田聖子」と書かれた帯の文字。そのLPレコード全体から発する魅力にやられ、まったく知らなかったアーティストのレコードを衝動買いしてしまった。
当時の自分にとって、2800円は大金である。多分凄く不安だったと思う。でも、レコードに針を落とし、アコースティック・ギターのアルペジオにのせて流れてきた素敵な歌声を聴いた瞬間にその不安は吹き飛び、夢中になってレコードをに聞き入った・・・。
そんな出会をした「沢田聖子」(さわだしょうこ)。当時は(今もだけど)甲斐バンドの大ファンだったので、一番大好きなアーティストになる事はなかったけれど、好きになってすぐに出た当時の最新アルバム「ターニング・ポイント」を聴いて、ますます好きになり、過去のアルバムを少しずつ買い集め、新しいアルバムは予約して購入。とファンと言っても良い状態になっていました。ただ、ライブには一度も行かなかったので、その事だけは少し後悔していますが・・・。
そんな状態が数年続き、初めてCDで買った「TOO TOO」と言うアルバム。このアルバムがどうしても好きになれず、聖子さんから急速に離れていきました。「Natural」と言う曲は大好きなんだけど、アルバム全体がどうしても・・・。
それから20数年。その間も、この頃に集めたアルバムたちは大切に聴いて来ました。ただ、新しい楽曲に触れることはなく、聖子さんも引退したんだろうなと、漠然と思っていました・・・。



この記事を書くために、久しぶりに「青春の光と影」に針を落としましたが、もう胸がきゅんきゅんしちゃうよ。大人になってから出会った華ちゃんの曲では、やっぱりこんな気持ちにはならないな・・・。
posted by あき at 17:54| 千葉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

華ちゃんの暗い曲を集めてみた

DSC_3223.resized.jpg


華ちゃんの重くて暗い曲を集めたCDを作りたいと常々思っていて、今日やっと実行にうつしました。名付けてDark Side!80分のCDに収めるのに苦労したけど、なかなか良い仕上がりだと思う。この勢いで、Happy Sideも作ろうかな。

01さよならの記憶(TIME NOTE)
02涙の色(vol.vest)
03他人の涙(BIRTHDAY)
04そんな気がした-Live ver.(初恋)
05楔(Vol.Best)
06境界線(Vol.Best)
07あなたに好きと言われたい(あなたに好きと言われたい)
08愛されていたい(Vol.Best)
09月光(愛のしずく)
10鏡(恋手紙)
11白い足跡(魔法の人)
12パズル(うたかた)
13青い部屋(BIRTHDAY)
14迷路(恋手紙)
15きみの空(やさしい花の咲く場所)

※月光(愛のしずく)は、現在入手出来ません。
タグ:奥華子
posted by あき at 17:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥華子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

自粛ムードが蔓延中

DSC_0574#2.jpg


世の中に自粛ムードが漂い、ネット上では不謹慎(と自分が思う発言)発言に対してのバッシングが行われているようですね。夕べもネットを見ていたら、フジテレビのアナウンサーやスタッフが、菅首相の記者会見VTRの裏で、ちょっと酷い言葉を言っているのが放送で流れてしまい、それに対して、凄まじいバッシングが繰り広げられていた。
そのVTRを見てみたのだが、確かに言っている内容はちょっと酷く、文句を言いたい気持ちはわかる。でも、その発言は、本来であればオフレコで電波に乗っているとは思わずに言っていたこと。それが、放送事故で流れてしまった。アナウンサーやスタッフたちも酷い災害に心を痛めながら疲れた体に鞭打って、放送を続けていたのだと思う。そんな時は、ハイになって酷い言葉を発してしまう事もあると思う。それでガス抜きをして、次の仕事にのぞむのだ。
おれは、飲食の仕事をしているのだが、店が忙しくてパニック状態の時は、ハイテンションになって、お客様に失礼になるような言葉を吐いて、ストレスを発散し、何とか乗り切ることがある。(おれはキッチンなので、勿論お客様には聞こえませんよ)もちろん、良い事だとは思いませんが、こんな体験誰だってあるでしょ?
そんな心情も斟酌せず、表面だけを見て罵詈雑言を吐き散らす輩のほうが、よっぽど醜いとおれは思う。ネット社会では、祭だ炎上だと、人を血祭りにあげて喜ぶ輩が沢山いるが、そんな事をしても、東北地方の復興には何の役にも立たないと思うぞ。

また、Twitter上でも、言葉狩りのような事が行われている。ある方が「西麻布でイタリアンだ! いいワインをあけよう!」とツイートした所、批判が殺到した模様。この発言が、今の時期に適切かは置いておいても、お金に余裕のある方が、イタリアンレストランでいいワインを開けることは、とてもいい事だと思う。
考えても見てくれよ。皆が皆、娯楽は不謹慎だと自粛ムードが蔓延してしまったら、その業界で働いている人はどうなると思う?レストラン、カラオケ店、ゲームセンター、ボーリング場。まだまだあると思うけど、こういった場所にお客さんが全然入らなくなったら、当然経営は立ち行かなくなり、リストラや倒産の嵐が吹き荒れると思う。
唯でさえ不景気なのにそんな事になったら、失業者がまたまた増え、経済も衰退し、世の中のお金も回らなくなり、東北地方の復興も難しくなると思う。

おれの応援している奥華子さんが、地震の後にコンサートツアーのファイナル公演を大阪で行いましたが、公式サイトのBBSに、非難の書き込みがかなりありました。もちろん、やって良かったと思うとの発言もたくさんありましたが、それに対して、奥華子信者のようだとの発言もあり・・・
おれのスタンスは、やって良かった側です。会場では、募金活動も行われ、少なくないお金が集まったみたいですし。
奥華子さんの場合は、地震の直後だったので、もし中止だったとしても、仕方がないと思ったと思いますが、例えば、多くのアーティストのこれから一ヶ月後のコンサートも世論によって中止せざるを得ない状況だとしたら、それは怖いことだと思います。だから、世の中の被災していない皆さん。心は、被災者の方に向け、節電などの出来ることをやりつつ、後は元気に笑って楽しく過ごして下さい。笑いは沈んだ心を元気にしますから。そして、この危機を乗り越えましょう。

あと、過剰な買い貯めはやめようね〜。
posted by あき at 02:41| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド