2011年03月15日

僕達に出来ること

「陽はまた昇る」「やまない雨はない」どんな言葉を思い浮かべても、テレビ画面に映し出される光景を見ると、そんな言葉で片付けられない現実が突き付けられる。
千葉県の自分のすんでる地域でも、震度5〜6程度の揺れが観測され、実際に恐怖の中でその地震を経験したのだが、それでも東北地方の惨状が現実のものとして受け止められない。いや、受け止めたくない。
でも、どんなに目を背けても、起こってしまった現実は変えられない。
被災地では、今この時も、まだどこかで助けを待っている人達が居るだろう。そして、懸命の捜索活動が続けられている。避難所では、物資の不足や情報の不足、そして家族や友人の安否が分からずに不安な日々を過ごしている人達が、信じられないほどたくさん居る。
原発事故も予断を許さず、放射能漏れの恐怖が人々を襲う。
企業活動のダメージも計り知れず、それに伴い日本経済も大打撃を受けることだろう。
もちろん、今現在も沢山の方々の不眠不休の活動で、少しでも良い方向に進めるように努力が続けられている。

関東以西の方や、関東地方でも自分のように大きな被害に遭わなかった人達には、何が求められているのだろうか?もちろん、立場によって様々な事が考えられる。プロスポーツ選手やミュージシャンなどは、プレーや歌声で、人々を勇気づけることが出来るだろう。有名人も含め、チャリティーイベントで義援金を募ることも、もちろん出来る。
企業や経済界のトップの方々は、経済の地盤沈下を少しでも食い止め、日本がこの大危機を乗りこられるように、力の限り頑張ってもらいたい。
そして、そのような立場にいない僕らには、何が出来るのか?節電などの小さな努力は、もちろん積み重ねていかねばならない。輪番停電がスムーズに行われるように、不平不満を言わず、協力しなければならないだろう。募金やいらない衣服や生活用品を現地に送る事も大切だろう。もちろん、出来る人だけで構わないと思うけど。
その他にも、出来ることは沢山あるだろう。思いついたら、即行動する事が一番大切だ。
でも、一番大切なのは、僕らが必要以上に落ち込まず、明るく元気に日常生活を送る事なのかもしれない。
自分は今、カメラが趣味で、最近は昔のフィルム一眼レフも購入して、近々に満開になった河津桜を撮影に行こうと考えていた。でも、今はとてもそんな気分になれずに居る。もちろん、未曾有の大災害の後だ、仕方のない事だろう。でも、本当はフィルムの一本でも買って撮影に行き、現像プリントに出す。本当は、その方が日本の経済を落ち込ませない事につながり、まだまだ何年もかかるであろう、被災地の復興にも、回りまわって繋がっていく事だろう。
とにかく、出来る事を探して協力し、後は明るく楽しく一所懸命生きる事が何よりも大切だと思うんです。
posted by あき at 01:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
タグクラウド